予防・検診

“ウェルネス”についてのご案内

ウェルネスとは、幸せな一生を送るための日々の健康管理のことを言います。
ペットも私たち人間と同じく、病気の予防や早期発見がとても大切です。

【当院で行っているウェルネス・プログラム】
定期健診 | 予防医学 | 動物ドック

料金のご案内

家族の一員であるペットがより幸せに過ごせるために、定期健診を受けましょう。年に2回以上が理想的です。

検査の内容
一般身体検査、血液検査、尿検査、糞便検査、フィラリア検査(犬)、ウイルス検査(猫)など

予防医学

きちんと予防することで回避できる病気は数多くあります。次のようなことを定期的に行ってあげましょう。

犬のワクチン
狂犬病ワクチン
犬を飼ったら、市役所への届け出(登録)と、年1回の狂犬病ワクチン接種が法律により義務づけられています。
6種・8種混合ワクチン
任意で受けるワクチンですが、時には命を脅かす恐ろしい感染症から愛犬を守ってあげましょう。
8種混合ワクチンには人獣共通感染症が含まれるため当院では標準ワクチンとしておりますが、犬種や月齢によっては獣医師の判断により6種ワクチンを選択する場合がございます。
猫のワクチン
3種混合ワクチン
ヘルペスウイルスによる伝染性鼻気管炎などの病気を防ぐワクチンです。くしゃみなどのほか、人や物を介しての感染も起こすので、室内外の猫にも受けさせてあげましょう。
5種混合ワクチン
上記ワクチンに加え、猫白血病ウイルス感染症とクラミジア感染症が予防できるワクチンです。外に出る猫にお勧めです。
フィラリア予防
フィラリアとは、蚊が運んでくる寄生虫で、成虫になるとそうめん状になり主に心臓と肺動脈に住みつきます。そして、心臓だけでなく肺、腎臓、肝臓などの多数の臓器に慢性的で重い障害を起こします。
犬の場合は咳や腹水、猫の場合はおう吐や喘息、突然死などの症状があらわれます。
予防薬は、犬では錠剤や皮膚に塗布するタイプのほか、1回の接種で1年間有効な注射薬もあります。
猫では塗布薬とおやつ感覚で与えることができるチュアブルタイプがあります。
ノミ・ダニ予防
ノミは、刺されるとかゆくて不快なだけでなく、ペットにアレルギー性皮膚炎を起こしたり条虫(サナダムシ)を媒介したりします。また、人では猫ひっかき病を起こすことがあります。
ダニは、吸血により犬に重度の貧血を起こすバベシア症という病気を媒介します。
また最近では、人において新しいウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」が社会問題となっており、飼い主によるペットのダニ予防は急務となっています。

動物ドック

当院で行っている動物ドックでは、全身をくまなく精査することで病気の早期発見が可能です。特に、中年齢以降の動物がかかるような心臓病や腎臓病、腫瘍性疾患などの早期発見に適しています。
※すべての病気が判明するわけではありません。

問診と身体検査
毎日の生活の様子や食事内容について飼い主さんにお聞きします。気になっていることがあれば、獣医師にお伝え下さい。次に、体重と体温の測定、全身の触診、聴診などを行った後、詳しい検査に入ります。
血液検査
血球計算(赤血球、白血球、血小板)と血液化学検査(腎機能、肝機能、血糖値、蛋白、コレステロール、中性脂肪)
尿検査
尿路系疾患、糖尿病など
エックス線検査
胸部と腹部の単純エックス線検査
心電図検査
心疾患、心伝導系異常など
糞便検査
消化管内寄生虫、消化吸収不全など
検査費用
上記の内容で25,000円となります。追加項目として超音波検査を行った場合には+3,000円~となります。

ご希望の方には、追加検査としてCT検査も実施できます。詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。
※検査には全身麻酔(鎮静)が必要です。